内臓の状態はお顔にあらわれます

こんにちは。小樽エステサロン凛 経絡美容研究家の宮腰真理です。


◇初めての方はこちらをどうぞ◇


サロンは土曜日から営業を再開しています。


そして昨日も午前だけ臨時営業しましたよ(^^)


こんな状況でもご来店頂けることに感謝です✨


さて、昨日いらしたお客様のことですが…


入って来るなり「ごめんなさい、今日は顔が酷くて…」と…


お顔が浮腫んでいたので「どうしたんですか💦」と聞くと、


前日に遅くまで飲み過ぎたようです。


で、お顔をよくよく拝見すると眉間の皮膚が少し赤く盛り上がっていました。


これは、肝蔵のお疲れが皮膚に出た状態です(ちなみにこちらのお客様はお仕事上、頻繁に遅い時間までお酒を飲まれます)


お顔の皮膚の色や腫れ・凹み、吹き出物、浮腫みなどは内臓の状態が反映されたもの。


その場所によってどの内臓に不調が出ているかを把握するのが「望診法」と言われるものなんですが


「唇の端が切れたら胃腸の状態が良くない」というのは、かなり多くの方が知っていることではないでしょうか?


それと同じで「肝蔵だと眉間と目の周り」とか「腎臓だと目の下」とか、不調の出ている内臓によってお顔に出る場所が違ってくるんですね。


これを知っておくと、ご自分の健康状態を把握できると思いますので、良ければ下の図を参考にしてくださいね(私の下手な手書きの絵でごめんなさい^^;)

膀胱…おでこ

小腸…眉間上

肝臓…眉間と目の周り

脾臓…眉横

腎臓…目の下

心臓…鼻

肺…頬

生殖器…口の周り

胃腸…くちびる



例えば「目の下のくすみがずっと取れない」という方は腎が疲れている状態ですが、お顔の表面的なお手入れだけで考えるのではなく、


過労を避け早寝する、冷飲食をしない、身体を冷やさないなど、腎に負担をかけないように生活を改善することが大切です。


また、先ほど書いたお客様のように眉間の赤みはお酒の影響だけではなく、動物性脂肪や刺激物、甘いのもの摂りすぎで肝臓に負担をかけている場合もありますので、食生活を見直すことが根本改善に繋がります。


お顔のトラブルは身体からのSOSです☝


いつもお顔の同じ場所にトラブルが出るという方は、まずは生活習慣から見直しましょうね。


モンテセラピーフェイシャルは、お顔と頭を通る「膀胱経」「胆経」「胃経」「三焦経」「小腸経」「肺経」という6本の経絡を刺激し、たるみ・歪み・シワなどを解消して若々しい小顔を作ります。

表面上の美容ではなく、内臓器官に働きかけながらお客様のお悩みを解決しますよ(^^)


☆モンテセラピーフェイシャルについてはこちらをご覧ください☆

小樽銭函 natural beauty salon凛

札幌近郊にあるオールハンドで結果にこだわる実力派サロン ☆老け顔・たるみ・歪み・体形の崩れでお悩みの方はぜひお気軽にご相談ください☆

0コメント

  • 1000 / 1000